SUN 310-027試験情報

IT技術者にきいて、ほとんどのIT人材はIT専門の出身ではありません。IT人材の需要量の途切れない状態ので、たくさんの人はIT仕事に転職しています。もしあなたの仕事は前途がないならば、IT認証を取って転職しましょう、あなたの就業と求職に力になります。
SUN 310-027試験情報
提供場所: PartI:申込後メールにて課題送付、PartII:サン品川トレーニングセ ンター
前提条件: 【SJC-P】Sun Certified Programmer for the Java Platform (バージョン不問)取得
この認定資格に必要なその他の試験/アサインメント: なし
試験方式: パートI :プログラミング課題 パートII :小論文
設問数: パートI :- パートII :5-10問
合格スコア: パート I/II 合計124点以上で合格
時間制限: パートI :無制限※ パートII :90分
※ただし、プログラミング課題が提供された日から1年間が有効期限となります。この間に「プログラミング課題」の提出および「小論文試験」の受験を完了させてください。
主な出題範囲
パート I: プログラミング課題
Sun Certified Developerプログラムのパート I はプログラミングの課題です。お申込後、サン?エデュケーションサービスからプログラミング課題が送付されます。
このファイルは .jar ファイルで、次の内容が含まれています。
「instructions.html」という文書
課題で使用するクラスファイル
課題で使用するバイナリデータベースファイル
受験者は、課題を指示に従って実装する必要があります。さらに、課題には意図的にギャップが設けてありますので、それに対し設計上の決定を行い、文書化してください。
機能:
プログラミング課題では、次の機能が使用されます。
情報を表示するグラフィカルユーザーインタフェースと、より柔軟な検索とレコードロッキングをサポートするためのデータベースの拡張
データベースシステムに対するネットワークサーバー機能
ユーザーインタフェースとデータベースを接続する通信機能
ガイドライン:
前述のように、この課題では、次のガイドラインに従って設計上の選択をいくつかする必要があります。個々のガイドラインの定義はプログラミング課題の説明に含まれています。
明瞭さと保守
ドキュメンテーション
正確性
標準要素と設計パターンの使用
JavaSoftware のコーディング規則の使用
パート II: 試験
プログラミング課題が終ったら、受験者はさらにサン指定の会場で記述式の試験を受ける必要があります。
testpassportのすべて問題集はIT専門家により作られたものです、正しい回答を提供します。弊社の問題集を使って、初心者としても合格できます。testpassport問題集の使用方法はとても簡単です。問題と答え(Q@A)を暗記しただけで、資格を取得することができます。100%合格率を保証できます。
testpassportの310-027(SUN CERTIFIED DEVELOPER FOR J2SE)問題集はPDF版とソフト版両方を提供します、その中にPDF版は印刷可能です、模擬試験ソフトはIT業最前線の真実試験環境を構成する。(御客様のために、弊社は見積書及び領収書(PDF版)を提供できます。)
TestpassportのSUN web 問題集はいろんな試験フォームを含んでいます。そんなフォームは理解やすいです。testpassportの310-027認定試験問題集は200問があります。
Testpassportの310-027参考書は常に認定試験の情報に関心を持っています。Testpassportの310-027過去の問題はよくアップデートするので、お客様の持って問題集は最新版を保証できます。そして、SUN SCJD練習問題は一年で無料更新されてます。
お客様のプライバシーを守る事に万全を期するために、testpassportのホームページは最新版マカフィーシステムを持っています。ウイルス、スパム、フィッシング、個人情報漏洩等の危険から、あなたのPCを守ります。McAfeeは、個人情報へのアクセス可能性、危険なサイトへのリンク、フィッシングなどのオンラインの危険性に対してテストを行っています。
買う前に、無料デモを見えます。もし、310-027問題集を見れば、こちらをクリックしてください。
1. Essay #1C
This is an essay question. This question will be answered using the Comment button showing on the
bottom of the screen. You can close and re-open the Comment window as many times as you need to
complete your answer. When you are finished answering, use the Next button to move to the next
question.
Did you choose object streams or RMI for your client-server connection? Why did you choose the
approach that you chose? What are the advantages and disadvantages of your choice?