CCNP

642-832J(Troubleshooting and maintaing cisco ip networks)試験参考書

Cisco 資格では、個人の技術的なスキル、知識、能力を評価するための基準として、認定技術者資格を提供しています。Cisco CCNP認定資格は、スキルや能力を判別する基準として、業界で幅広く認知されています。認定資格者は、管理する知識とスキルを備え、技術的な問題を解決できる優れた専門技術者として評価されます。この認定資格を取得するには、642-832J(Troubleshooting and maintaing cisco ip networks)試験に合格する必要があります。 Testpassportを使って、無事に試験に合格することが保証できます。弊社の642-832J参考書を使った後、お客様が認定合格にただ一歩の距離があります。95%以上の的中率を確認しながら学習を進めることができるため、学習理解度の確認に最適です。受験される前に、もし弊社の642-832J試験対策を購入するならば、一年で進級することに提供できます。理解によって、お客様は自分のスキルを向上させることもでき、弊社の642-832J問題集を使って、高い分数で試験を通過できるを保証できます。購入する前に642-832J無料サンプルを見ることもできます。… Continue reading

CCNP 認定について

シスコオフィシャルホームページ情報によって、Cisco Certified Network Professional(CCNP®)認定では、ローカル ネットワークやワイド エリア エンタープライズ ネットワークの計画、実装、およびトラブル シューティング能力や、セキュリティ、ボイス、ワイヤレス、およびビデオ ソリューションのスペシャリストと協同で作業を行う能力を認定します。少なくとも1年間のネットワーキング業務の経験があり、スキルを磨くことで複雑なネットワーク ソリューションに単独で対処できる見込みのある技術者に適した認定です。CCNP 認定を持つ技術者は、ネットワーク技術者、サポート エンジニア、システム エンジニア、もしくはネットワーク エンジニアとして、企業内で必要とされるスキルを備えていることを持っていることを証明できます。 前提条件: CCNA 認定もしくはいずれかの CCIE 認定 組み合わせ1: 642-901(Building Scalable Cisco Internetworks)        又は 642-902        642-812(Building Cisco Multilayer Switched Networks)       又は 642-813(implementing cisco switched networks)       642-825(Implementing…

CCNPは『3科目』と『4科目』どちらで受験をうけたほうがいいですか?

CCNA認証を取得してから、CCNP認証が欲しいですが、CCNPは『3科目』と『4科目』どちらで受験をうけたほうがいいですか? 3科目は642-825、642-845と642-892です。 642-825(Implementing Secure Converged Wide Area Networks) 試験概要: Implementing Secure Converged Wide Area Networks(ISCW 642-825)は、Cisco Certified Network Professional(CCNP®)認定資格の取得に必要な試験です。ISCW 642-825 試験に合格すると、リモート アクセスの保護と VPN クライアントの設定を中心に、エンタープライズ ネットワークを保護し、接続を在宅勤務者およびリモート サイトに拡張するために必要とされる重要な知識とスキルを備えていることが認定されます。この試験では、WAN に関係するシスコの階層型ネットワーク モデル、在宅勤務者の設定およびアクセス、フレーム モード MPLS、サイト間 IPSec VPN、Cisco EZVPN、ネットワーク攻撃を抑制する方法、シスコ デバイスの強化、および IOS ファイアウォール機能について取り上げられています。 642-845(Optimizing Converged Cisco Networks)…